踊る歯科心身症ネット
HOME
歯科心身症
口腔症状と脳機能
研究紹介
情報ステーション
医療関係者の方へ
舌の病気、舌痛症
舌痛症の解説
舌痛症はどんな病気
舌痛症の症状と特徴
舌痛症の原因
舌痛症の治療方法
舌痛症と舌がんの相違
歯科心身症
NHK出版「きょうの健康」に寄せられた「舌の痛み」に対する管理人の回答記事はこちらから。

舌痛症の症状と特徴

舌痛症のおもな症状

  1. 舌の先や縁に「ヒリヒリ」「ピリピリ」した痛みや灼熱感、あるいは、しびれるような感覚が長期間(数週間から半年以上)続く。「やけどをしたような痛み」「歯がこすれるような痛み」「舌のしびれ」などの知覚であることが多い。

  2. 舌、歯、口腔を検査しても舌の痛みやしびれの原因となるような腫れや炎症などは見つからない(器質的異常は認められない)。血液検査でも特に異常値は認められない。三叉神経痛や舌咽神経痛の電撃痛とは異なる痛みであり、末梢の神経学的異常(麻痺など)も認められない。

  3. 食事中や何かに熱中している間は舌の痛みやしびれを感じないことが多い。 むしろ一息つくなど一人でじっとしている時に痛みが強くなることが多い。 ガムや飴玉などを口に入れておくと少し痛みがまぎれることがある。

舌痛症のその他の特徴

  1. 40-60歳前後の中高年の女性に多い。

  2. 真面目で几帳面な性格の人が多い。

  3. 舌癌では?と心配になることが多い。

  4. 銀歯や入れ歯などの歯科治療の後に発症することもしばしばある。

  5. 舌の痛みやしびれは我慢できないほどではないが、1日中気になり、舌に神経が集中している感じである。 口の中が痛いので、イライラしたり、他のことをやる気が削がれたりする場合もある。

  6. 午前中よりも、夕方から夜にかけて舌の痛みやしびれが増悪する。

  7. 食事や会話には支障がないことが多いが、食べ終わった後や長電話の後に舌の痛みやしびれが悪化することが多い。

  8. 痛む部位が移動することがある。唇や口蓋(上アゴ)までピリピリ痛むこともある。

  9. 口内炎の軟膏をつけたり、痛み止めやビタミン剤を飲んでも一向によくならない。

  10. 歯科で何度も歯の先などを研磨しても舌にこすれる感じがとれない。

  11. 口の中が乾いたり、「ザラザラした感じ」や味覚の変化(おいしくない、本来の味がしない)をしばしば伴う。

  12. 不眠、肩こりや頭痛など自律神経症状を伴うことが多い。

  13. CTやMRIでは特に脳の病変は認められない。

  14. なお、うつ病など精神疾患を合併しておられる方は非常にまれです。

舌がヒリヒリする。舌がピリピリする。舌がしびれる。舌がやけどしたような感じがする。 何か悪い病気ではないか? このような舌の症状で悩んでいたら、信頼できる歯科口腔外科へ相談してみたらいかがでしょうか。
リンク 管理人
踊る歯科心身症利用規約
踊る歯科心身症プライバシー
受診案内
Copyright (C) 2006-2008 Atoyofpsd.net All right reserved.